髪の悩みを持つ男女必見!髪がつやつやになる食べ物・悪い食べ物・栄養を徹底研究

今回は髪がつやつやになる食べ物を、ご紹介します。主に「スキンケア重視」な方が多いのではないでしょうか?しかし、髪もしっかりケアしてあげることで、誰もが羨ましいと思ってしまうような理想の髪になれますよ。

髪をツヤツヤきれいにする栄養は?食べ物は?

そこで、つい触りたくなってしまうようなツヤツヤな髪、見惚れてしまうようなきれいな髪にするためにはどんな食べ物を摂ればいいのか気になりますよね。そして食べ物を摂取する際に意識したいのが「栄養」。今回は食べ物や栄養についてもご紹介します。

髪の毛に健康とツヤを与える栄養は?

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

たんぱく質

髪の成分の90%をしめると言われている「ケラチン」と言うたんぱく質が、髪にとっては重要なのです。特に「卵」は髪の毛にいい成分がたくさん含まれているのです。例えば、亜鉛・セレニウム・鉄のことですね。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、髪の毛幹を作ってくれたり、頭皮の細胞膜を作る働きがあります。また、頭皮や髪が乾燥するのを防いでくれる「油分」を作ってくれると言われているのです。さんま・カツオ・鮭などに含まれていると言われています。

各種ビタミン

数多くあるビタミンでも「ビタミンE」を摂取することをオススメします。なぜならば、血管を広げてくれる作用があるからです。つまり、血管を広げることによって、多くの血液を頭皮に送り込み、髪の成長に必要な栄養素を届けるサポートをしてくれると言えるでしょう。「くるみ」などを摂取するといいですよ。

ミネラル

ミネラルは美しいつやのある髪に導くためには、欠かせない栄養分。というのも、美しい髪の毛を育ててくれる「育毛効果」「脱毛症状」「薄毛の抑制」の効果があると言われているのです。だから、年齢は問わず、髪の毛のためには摂取しておきたいものです。「わかめ」「ひじき」などがオススメでしょう。

【髪に良い食べ物①】髪の主成分を補うタンパク質

①肉類

肉類の中でも、もっともタンパク質を含むと言われている「鶏肉」がオススメです。鶏肉を使用した料理のレパートリーもたくさんありますよね。鶏肉の中でも「ささみ」を使ってサラダにしたりとヘルシーなものから、「唐揚げ」にして少しジャンキーなものにしたり…。楽しみ方は人それぞれ!

②魚類

数多くある魚類の中でも「鮭」を積極的に摂りましょう。なぜならば「オメガ3脂肪酸」をはじめとし、「脂肪酸」が含まれているからです。脂肪酸が減ってしまうことによって、髪のパサつきにも大きく影響してくると言われています。髪のつや感が欲しいのなら、鮭がオススメです。

③魚卵類

例えば「イクラ」や「タラコ」のことを指します。これらには「タンパク質」が豊富に含まれているのです。イクラやタラコはご飯にかけたり、単品だけでも食べられますので、いつでも気軽に摂れる食材ですよね。

④豆類

豆類には「タンパク質」をはじめとし、「鉄分」や「亜鉛」を含んでいます。これによって髪の毛につやを与えてくれるのですね。さらに髪の毛を太く、健康にもしてくれますのでオススメです。納豆や豆腐類などが、気軽に摂れる豆類だと言えます。

⑤ナッツ類

髪の毛に必要な「ミネラル」をたっぷりと含む食べ物です。その他「タンパク質」も含まれています。アーモンドやピーナッツがオススメです。特にピーナッツは、毛母細胞を活発にしてくれます。よって、髪が伸びやすくなるとも言われています。

【髪に良い食べ物②】タンパク質の合成に不可欠なミネラル

①海藻類

海藻類の中でも今回は「ひじき」「わかめ」を例にしてご紹介します。「ミネラル」と呼ばれるカルシウム、リンの量は、ひじき100gあたりカルシウム1400mg、リン100mgと言われており、わかめ100gあたりカルシウム960mg、リン400mgと言われているのです。そして海藻類は、育毛効果があると言われています。

②牡蠣

「ミネラル」と呼ばれる亜鉛の量は100gあたり13.2mgと言われています。亜鉛は、細胞の新陳代謝を促進してくれたり、皮膚や髪に潤いを与えてくれると言われているのです。

③納豆

「ミネラル」と呼ばれるカリウム、カルシウムで挙げると、100gあたりカリウムが660mg、カルシウムが90mgだと言われています。髪の毛を太く、健康にしてくれますよ。

【髪に良い食べ物③】髪の毛を健康な状態に導くオメガ3脂肪酸

①青魚

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は「DHA」と「EPA」の2種類です。しかし、常温で固まりにくい性質というのが特徴です。よって、体内に脂肪が吸収されにくい脂肪酸なので、食品で摂る必要があります。

②えごま油または亜麻仁油

えごま油や亜麻仁油には、「αリノレン酸」というオメガ3脂肪酸が含まれています。αリノレン酸は、人間が作ることのできない必須脂肪酸なのです。よって、食品で摂る必要があります。

【髪に良い食べ物④】つやつやの髪を育てるビタミン

①ビタミンA

ビタミンAが不足していると頭皮の乾燥を引き起こします。しかし過剰に摂取してしまうと頭皮が硬くなる原因にもなりますので、摂取量はほどほどに。ビタミンAを含む食材はうなぎ、卵、豚などがオススメ。

②ビタミンB2

エネルギーの代謝や、皮膚・粘膜の健康維持に効果的です。ビタミンB2を含む食材は、牛レバー、鶏肉がオススメ。

③ビタミンB6

神経を正常に保つ効果があるビタミンB6。にんにく、赤ピーマンがオススメです。これら2つとも、どの料理にも取り入れやすいのでオススメです。

④ビタミンC

コラーゲンの生成にオススメなビタミンC。パセリやブロッコリー、ピーマンに含まれていると言われています。

⑤ビタミンE

血管を広げてくれる作用がありますので、髪に必要な栄養素が流れやすくなると言われています。オススメの食べ物はピーナッツやアーモンド。

【髪に良い食べ物⑤】各種栄養素が凝縮された食品

①卵

髪を作ってくれているタンパク質を豊富に含んでいるのが、卵。また、「ビタミンH」と言われているビオチンも豊富に含まれているのです!これは、髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進してくれる働きがあると言われています。

②ゴマ

数あるゴマの中でも「黒ゴマ」がオススメです。薄毛を予防してくれる効果があると言われているからです。

③レバー

レバーは髪のパサつき、白髪に効果的な食材だと言われています。「タンパク質」も豊富に含まれていますよ。

④カカオ70%以上のチョコレート

カカオ70%以上のチョコレートには「ポリフェノール」が含まれています。また、別名カカオ70%以上のチョコレートに含まれているポリフェノールのことを、「カカオマスポリフェノール」と呼びます。これは、体を若く保つ効果がある「アミノ酸」の結合体を増やしてくれる働きがあると言われているのです。

反対に髪に悪い食べ物は?

ラーメン

ラーメンには塩分が豊富に含まれています。塩分は、体内に必要な水分が外に出てしまい、血液をドロドロにするのです。よって、健康な血液が流れにくくなりますので、髪の毛に悪いと言われています。

油っこいもの

油っこいものを摂り過ぎてしまうと、摂取した油が「悪玉コレステロール」となり、血管の内側にくっつきます。これが、血流が悪くなると言われているのです。血流が悪くなると、健康な髪の毛を育てるために必要なきれいな血が流れにくくなります。

糖分の多いお菓子やケーキ

糖分の多いお菓子やケーキも、髪に良くないのです。糖分も血液の流れを悪くさせてしまいます。もし甘いものが欲しい場合はカカオ70%以上のチョコレートなどを摂取しましょう。

動物性脂肪

動物性脂肪というのは「肉類」のことを指します。これらは血液中の脂質が多くなります。よって、頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうのです。よって毛穴に汚れが溜まりやすくなります。

アルコール

アルコールは、髪の毛を構成するのに必要になる「タンパク質」の部類に入る、「システイン」「メチオニン」という成分を分解してしまうのです。よって、健康的な髪の毛を育てにくくしてしまうのです。

不足しがちな栄養はサプリメントで摂る

髪の毛がつやつやになる食べ物をご紹介しました。肌のケアに力を入れるのであれば、もちろん髪のケアにも力を入れましょう!それが「美意識」を高める方法ですし、自分自身にも自信が持てるようになりますよ。今回ご紹介したことを参考にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする