アーモンドと豆乳のアレンジレシピ!美容効果では最強の組み合わせ

アーモンドと豆乳をアレンジした料理は、美しくなりたい女性にぜひおすすめです。どちらも美容に適した食材なので、組み合わせることでより高い効果が期待できるのです。ぜひ日々のダイエットや健康管理にも取り入れたいですね。

アーモンドと豆乳は美容効果がすごいらしい?

どちらも美容に関心が高い女性にとっては、今や欠かせない食材です。アーモンドには「天然のサプリ」と呼ばれるほど豊富な栄養素があり、大豆は女性ホルモンと同じ働きをしてくれる「イソフラボン」が含まれています。この2つを組み合わせたアレンジレシピは、まさに最強ですね。

アーモンドと豆乳を使ったレシピ

毎朝のヘルシードリンク習慣

毎朝のグリーンスムージーに負けずにおすすめなのが、アーモンドと豆乳で作るヘルシードリンク。市販のアーモンドプードルを使えば、とても簡単に作れます。豆乳は牛乳よりカロリーが低いのも嬉しいポイント。バナナを追加して、スムージーにするのもおすすめですよ。

【材料】

  • 豆乳…200cc
  • アーモンドプードル…大さじ2

【作り方】

  1. 基本的に混ぜるだけでOK。
  2. アーモンドプードルの粒が気になる人やバナナを追加する場合は、ミキサーにかける。

おやつに栄養たっぷりマフィン♪

しっかりおやつを食べたい日は、アーモンドと豆乳で作った手作りマフィンを。子どもにも大人気のおやつです。多めに作っておけば、朝食にも大活躍します。

【材料】

  • 薄力粉…100g
  • 砂糖…60g
  • 無塩バター…25g
  • 卵…Mサイズ1個
  • アーモンドプードル…80g
  • 豆乳…60ml
  • ベーキングパウダー… 小さじ1

【作り方】

  1. 薄力粉、ベーキングパウダー、アーモンドプードルを振るって混ぜる。
  2. バターは室温にして練り、砂糖を少量ずつ加えて混ぜる。
  3. 2に溶き卵を加え、1と豆乳を少量ずつ加えて混ぜる。
  4. マフィン型(6個)に流し込む。
  5. 180℃に予熱したオーブンで20分~25分焼いて完成。

紀文アーモンド豆乳を使えば簡単

市販の豆乳飲料なら「紀文」の豆乳飲料シリーズが人気。種類が豊富で、もちろん「アーモンド豆乳」もあります。程よい甘みと香ばしさでそのまま飲んでも大変美味しいのですが、料理にも使いやすいです。週末にブランチには、おしゃれなフレンチトーストがおすすめです。

【材料】

  • 食パンまたはフランスパン…適量
  • 紀文 豆乳飲料アーモンド…50cc
  • 卵…1個
  • バター…適量

【作り方】

  1. 卵と豆乳を混ぜた液に、パンを浸す。
  2. バターを熱したフライパンで、両面をこんがりと焼いて完成。
  3. お好みでメイプルシロップをかけて食べても♪

アーモンドは栄養の宝庫

78edbc2337b2a1557aaacd9f5411c40f_s

ビタミンE

アーモンドに豊富に含まれているビタミンEは、美肌作りに欠かせない栄養素。細胞の酸化を防ぐ、抗酸化作用があります。老化を防ぐ、アンチエイジング効果も高いとか。血行も促進してくれますよ。皮にもたくさん含まれているので、アーモンドは剥かないで食べる方がおすすめです。

ビタミンB2

ビタミンB2も美容に必要不可欠ですよね。代謝を高めてくれる働きがあるため、肌のターンオーバーを促してくれます。美肌と美髪はもちろん、爪まできれいにしてくれるとか。口内炎や疲労の回復にも効果があります。

不飽和脂肪酸

アーモンドは脂質を多く含む食べ物。その約70%は「オレイン酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸でできています。脂質というと体に悪いイメージですが、このオレイン酸には悪玉コレステロールを制御して、コレステロール値を低下させてくれる良質なもの。生活習慣病の予防としても期待されています。

食物繊維

アーモンドは食物繊維もたっぷり。何とゴボウの2倍も含まれているそうです。しかも水に溶けにくい「不溶性食物繊維」なので、油の吸収を抑制してくれたり、食欲を抑える効果も期待できるとか。もちろん便秘解消にも効くので、美肌作りに適していますね。

豆乳にもうれしい効果

ダイエットにいい成分

豆乳に含まれる「サポニン」には、脂肪が体内に吸収されないようにする働きがあります。ダイエットにとても役立つ成分ですね。また豆乳の元になる大豆は食物繊維が豊富なので、ダイエット中の悩みで多い便秘にも効果アリです。

美容にいい成分

大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きがあるので、美肌への効果が期待できます。コラーゲンも生成してくれるので、肌のハリや水分も補ってくれますよ。他にも肌の新陳代謝を促すビタミンBも含まれています。

健康にいい成分

豆乳には自然な甘味がありますよね。これは「オリゴ糖」を含んでいるからです。オリゴ糖には体内の悪玉菌を抑えて、腸内の環境を整え、活性化してくれる効果があります。健康のために、牛乳から豆乳へ毎朝の飲み物をシフトしている人が増えているとか。

注目のアーモンドミルク

アーモンドミルクとは?

その名の通り、アーモンドをすり潰して抽出したミルクのこと。アメリカで大人気のアーモンドミルクは、日本でも注目の飲料です。美容効果も高く、豆乳×アーモンドと同じような感覚で摂りたいですね。アーモンドミルクは手作りすることも可能ですが、市販の飲料を利用すると手間がかかりません。

人気の秘密は?

アーモンドミルクは良いことづくめ。アーモンドをそのまま食べるより、消化が良いので摂取しやすいのも人気の秘密です。牛乳や豆乳の代替品として、お料理に使いやすいメリットも。アーモンドは特にビタミンEが豊富で、抗酸化作用があり美容面に最適です。アンチエイジング効果も期待できますね。

豆乳、牛乳との違い

アーモンドが原料なので、豆をすり潰して作る豆乳とよく似ていますね。どちらも植物性の飲料なので、動物性の牛乳に比べて低脂肪でヘルシーなのが魅力です。また豆乳の独特の臭いが苦手な人は、アーモンドミルクの方が飲みやすいかもしれません。牛乳や大豆アレルギーの子どもを持つ家庭でも、大変重宝されています。

アーモンドミルクを使ったレシピ

豆乳よりも脂肪分が少ないアーモンドミルクで、豆乳鍋のような「アーモンドミルク鍋」を作るとよりヘルシーですね。とても風味がよく美味しいですよ♪

【材料】

  • 無糖のアーモンドミルク… 200cc
  • 水…100cc
  • 昆布だし(粉末)…小2
  • 薄口醤油…大1
  • 鶏肉…もも1枚
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 豆腐…1丁
  • 白菜、小松菜などお好みの野菜…適量
  • しいたけなどお好みのきのこ類…適量

【作り方】

  1. 鍋にアーモンドミルク、水、だし、醤油を入れて火にかける。
  2. 沸騰したら、一口大に切った鶏肉と玉ねぎを入れる。
  3. 鶏肉に火が通ったら、お好みの野菜、きのこ、豆腐を入れて数分煮たら完成。

アーモンドと豆乳で美味しくキレイになろう!

アーモンドと豆乳の組み合わせは美容に効果抜群なので、積極的に摂りたいですね。ただしどちらも摂りすぎは禁物。女性ならアーモンドは20粒まで。これで大体130kcal程度です。豆乳なら200mlのブリックパックなら1日1本がちょうど良い量です。ぜひいろいろなレシピで試してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする