夏バテを解消する食欲増進レシピ。美味しい食べ物は夏に強い

夏バテ解消にはやはり食べ物からということで、今回おすすめレシピをご紹介します。夏はやはり食欲も低下してしまいますが、これを食べれば食欲増進すること間違いなし!ぜひ夏バテかも?と思ったかたは試してみてくださいね。

natsubate_ol2

夏バテには温かい夏野菜が効く!

夏に収穫する野菜というのは、太陽の光をたくさん浴びている物が多く、栄養価が非常に高いと言われています。さらにそのなかでも体を冷やす効果のものや、疲労回復効果のあるものが多いので夏バテには効果抜群なのです!

また、温かくして食べることによって栄養価が増すといわれている野菜もあるんだとか。夏バテかも?と思った際にはいち早く夏野菜を摂取することをおすすめします。

夏バテってそもそもなに?

【夏バテ】というのは、人によって現れる症状も様々ですが、主に全身の疲労感、だるさ食欲不振、下痢、発熱、目まい、立ちくらみ、吐き気、頭痛・発熱など本当に突然やってきてしまうものと言われています。

これは「自律神経のバランスの乱れ」により引き起こされているそうです。自律神経というのは自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経だそう。

特に、高温多湿な環境だと、体は体温を一定に保とうするのですが、汗をかいたり血管を広げたりして、体温を逃がそうとするのも自律神経のはたらきのひとつ。この自律神経が、室内と屋外の急激な気温の変化、また水分不足・栄養不足によってバランスを崩してしまうのが【夏バテ】の原因と言われています。

夏バテに効く食べ物と成分

夏バテというのは特に体力を消耗してしまうもの。なので、積極的にビタミンB1、B2やクエン酸といったミネラルを重点的に摂取することが大切なのです。

夏バテにいいと言われている食べ物は豚肉(特にモモ肉、ひれ肉)、レバー、大豆製品(豆腐、納豆など)、玄米、うなぎ、いわし、酢、梅柑橘系の果物(ゆず、レモン、グレープフルーツなど)が主に挙げられます。これらを食べておいしく夏バテを防止できるのが理想ですよね!

おすすめ!夏に食べるべき5レシピ

1・夏野菜の豚肉炒め

【材料】

  • パプリカ(赤黄)…各1/2個
  • オクラ…5本
  • 茄子…1本
  • ぶなしめじ…1/2株
  • 豚バラ肉(薄切り)…200g
  • ポン酢・柚子胡椒…適量
  • 塩…適量

【レシピ】

  1. 豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、塩を振って下味をつけ、パプリカとオクラもひとくちサイズの大きさに切っておく。(オクラは最初に塩を振ってもみ洗いしておく)
  2. 茄子は1センチの厚さに切り、塩水に浸けてあくをぬいておく。ぶなしめじは石づきを取り除く。
  3. フライパンに薄く油をしき、1の豚バラ肉を炒め、脂が出てきたらキッチンペーパーで取り除いておく。
  4. 3のフライパンに茄子とぶなしめじを入れて、しんなりするまで炒める。
  5. さらにパプリカとオクラを入れて、2~3分炒める。
  6. ポン酢に柚子胡椒を加え、よく混ぜ合わせたものをかけて完成。

ビタミン豊富な夏野菜たっぷりなので、夏バテには最適!

2・トマトとズッキーニの炒め物

【材料】

  • ズッキーニ…1本
  • トマト(大)…1個
  • スライスハム…5枚
  • にんにく…ひとかけ
  • クリームチーズ…50g
  • 塩、こしょう…少々
  • バジルの葉…数枚

【レシピ】

  1. トマトは1センチ幅の半月切りにし、ズッキーニは1センチ幅の輪切り、ハム1センチ幅に切っておく。
  2. フライパンに多めのオリーブオイルひき熱し、中火でにんにくとズッキーニを炒め、焼き色がついたら裏返す。
  3. 2にトマトとハムを加えさらに分ほど炒め、トマトの両面に焼き色がついたら軽く塩とこしょうをふっておく。
  4. 取り出し、クリームチーズとバジルをトッピングして完成。

トマトは火を通すことによってさらにリコピンが吸収されやすくなります。リコピンは美肌にも効果抜群!

3・鶏肉ソテーのラタトゥイユ

【材料】

  • 鶏もも肉…1枚
  • オリーブオイル…適量
  • ニンニクスライス…1片
  • 胡瓜orズッキーニ…1/2本
  • トマト…1個
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 茄子…1本
  • パプリカ(黄)…1/2個
  • ピーマン…1個
  • ★ケチャップ…大4
  • ★オリーブオイル…大1
  • ★すりおろしニンニク…1片分
  • コンソメ(固形は細かく砕いておく)…2粒
  • 塩・こしょう…適量

【レシピ】

  1. にんにく以外の野菜は1.5cm角に切り耐熱ボウルに入れておく。あらかじめ茄子は水にさらしてアク抜きをしておく。
  2. ★を加えてふわっとラップをかけ、途中で混ぜながら10分電子レンジで加熱をする。
  3. さらにラップを外して5分電子レンジで加熱する。
  4. 鶏もも肉は塩・こしょうを振り、焼き縮み防止のため皮目にフォークを数ヵ所刺しておく。
  5. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくスライスを入れ鶏もも肉の皮の面から焼き、両面をしっかり焼き色がつくまで焼けたら完成。

夏野菜でラタトゥイユを作って抗酸化!鶏肉でさらに食欲をそそられますね。

4・夏野菜カレー

【材料】

  • 豚こま肉、牛こま肉合わせて…250g
  • 人参…1/3本
  • トマト(潰しておく)…1個分
  • たまねぎ…1?2個
  • かぼちゃ…1/4個
  • ニンニクすりおろし …好みで少々。
  • 生姜すりおろし…小さじ1/2
  • ローレル…2枚
  • カレールウ…適量
  • ジャガイモ中サイズ…2個

【レシピ】

  1. フライパンに油をひき、生姜とニンニクを入れて、香りが出るまで炒めておく。そして大量の水を入れた鍋で、皮ごとジャガイモ20分ほど茹でておく。
  2. フライパンにジャガイモ以外の野菜と肉を入れ、野菜が透き通るまでじっくりと炒める。
  3. 2に水600ccを入れて、アクを取りながら中火?弱火で20分じっくりと煮込み、一度火を止めルウをさらに入れ煮込む。
  4. 茹でておいたジャガイモを取り出し、皮を向き切ったら、4に入れる。
  5. ローレル2枚を入れ、とろみがつくまで煮込んで完成。

カレーにかぼちゃを入れるのは珍しいですが、かぼちゃは抗酸化物質豊富なんです。食欲もどんどん出てくること間違いなし!

5・夏野菜常備食

【材料】

  • なす…3個
  • きゅうり…3本
  • 生姜…大きめ一片
  • みょうが…3個
  • おぼろ昆布…一袋
  • 酒…大さじ1
  • たまり醤油…大さじ2
  • 新アルファ米…大さじ1

【レシピ】

  1. 生姜は細かいみじん切り、みょうが・なす・きゅうりは粗めのみじん切りにしておく。
  2. 1をボールに入れて、とろろ昆布を加えて混ぜる。
  3. 2に酒、たまり醤油を加えて、全体をさらによく混ぜ合わせる。
  4. 最後にアルファ米を加えて全体をよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で一晩寝かせ完成。

ごはんにかけて食べるともっとおいしく、箸を進む手が止まらなくなってしまいますよ!

まとめ

いかがでしたか?夏真っ只中の今、まさに夏バテ中というひとも多いと思います。ぜひこれたのレシピで美味しく楽しく夏バテを予防してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする