疲れたときにはこの食べ物が効く!疲労回復レシピ

疲れたときに食べ物で元気になれるレシピをご紹介します。疲れていると全く食欲がなくなるか、ドカ食いに走るかのどちらかになってしまいがち。食欲がなくても食べたくなるような料理や沢山食べてもカロリーが低いので安心なレシピをご紹介します。

shutterstock_303960041

疲れているときでも簡単に作れるレシピ

疲労回復にはやっぱり食べるのが一番!せっかく食べるならしっかりと疲れに効くものを選びたいですよね。ここではどの食材がどのように疲れに良いのか説明しながらレシピをご紹介します。仕事が忙しくて疲れている方、受験前の追い込みで疲れている方必見です。

まず、疲れの種類について紹介!

「疲れ」には実は種類があるんです。「今日は一日家にいただけなのになんだか疲れたな~」という日や「今日は登山に行ってきたからすごく疲れたな~」という日がありますよね。どちらも疲れているのには変わり無いのですが、疲れの種類が違うのです。

前者は「動かない疲れ」です。動かない疲れは、血のめぐりが悪くなることによってさまざまな症状を引き起こします。後者は「動いた疲れ」です。動かない疲れは血のめぐり云々ではなく、疲労物質である乳酸が筋肉にたまってしまっている状態です。この疲れは、乳酸が排出されると解消されるので、あまり深刻に受け止めなくて良い疲れです。

朝スッキリ!疲れを改善する食べ物と成分

朝目覚めを良くするにはブドウ糖やビタミンB12が良いといわれています。ビタミンB12には体内時計を整えてくれる働きがあるそうです。ですので朝、スッキリしない時はバナナやブドウがおすすめ。また、ビタミンB1は脳も身体も元気にしてくれる成分が含まれているようなので、前日の夜に豚肉を摂るのが良いでしょう。

早速食べよう!疲労回復レシピ

では早速レシピのご紹介です。手軽に手に入れられて簡単につくれる料理を集めてみました。疲れに一番良いのはビタミンB1。今回はビタミンB1が摂れる豚肉を使った料理や、色の濃い野菜を使ったレシピと成分についてまとめてみました。

豚肉のバルサミコ酢

豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。ビタミンB1は脳も身体も元気にしてくれる成分と言われます。また、疲れると疲労物質である乳酸が増えますがそれをスムーズに排出してくれるそうです。

ところが、たくさん食べると逆に「ピルビン酸」という疲れの元になる成分が増えてしまいます。しかし、クエン酸はピルビン酸をクエン酸に変換してくれる作用も持っているのだとか。また、クエン酸自体に乳酸を分解し、体外へ排出するのを手伝ってくれる役割もあるそうなので、豚肉と一緒に摂ることにより疲労回復の最強のレシピとなるのです。今回はその豚肉とバルサミコをあわせてみました。

★材料

  • とんかつ用の豚ロース・・・3枚
  • 水菜・・・1/2束
  • にんじん・・・1/4本
  • バルサミコ酢・・・小さじ3
  • 塩・こしょう・・・少々
  • ドレッシング・・・お好みで

★作り方

  1. 豚肉、にんじんを細切りにしておく。水菜は食べやすい大きさに切っておく。
  2. 熱したフライパンに油をひき、豚肉を炒め塩コショウをふる。
  3. ボウルに野菜と2、バルサミコ酢とドレッシングを入れて和える。

豚肉とナスの炒め物

ナスにはナスニンというポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があると言われます。ナスニンの抗酸化作用はブロッコリーやほうれん草よりも強いとされています。また、ナスの紫色のナスニンは眼精疲労の回復にも効果が得られるといわれています。疲労回復に良い豚肉と皮ごと食べるナスをのレシピをご紹介します。

★材料

  • 豚もも肉(薄切りがおすすめ)・・・100g
  • ナス・・・2本
  • ねぎ・・・1/4本
  • ピーマン・・・3個
  • しょうが・・・1/2かけ
  • 油・・・少々

(たれ)

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 鶏がらスープのもと・・・小さじ1/2
  • 水・・・50ml

★作り方

  1. 豚肉、ナス、ピーマンは食べやすい大きさに切っておく。
  2. ねぎは4cm程の長さに斜めにカットし、しょうがは千切りにしておく
  3. フライパンを熱し、油をひいてしょうがとねぎを炒める。油に香りが移ったら豚肉を加え炒める。
  4. ピーマンとナスを加え、たれの調味料全て混ぜ合わせたものを入れて更に炒め、火が通ったら出来上がり。

夏野菜のトマトパスタ

夏野菜の中でもトマトにはリコピンという抗酸化物質が豊富に含まれています。パスタにすることにより食べやすくなる他、イタリアンに使うにんにくでスタミナもばっちり。

★材料

  • ナス・・・1本
  • ベーコン・・・4枚
  • パプリカ・・・1/2
  • オクラ・・・4本
  • トマト缶・・・1缶
  • にんにく・・・1かけ
  • 赤唐辛子・・・1本
  • パスタ・・・200g
  • 赤ワイン・・・50ml
  • ブイヨン・・・1個
  • オリーブオイル・・・適量

★作り方

  1. ナスを輪切りにし、パプリカ、ベーコンは食べやすい大きさに切っておく。
  2. 熱したフライパンにオリーブオイルをたっぷりいれ、スライスしたにんにく、輪切りにした唐辛子をいれ、油に香りが移ったらベーコンをいれて弱火でじっくりベーコンの油を出す。
  3. ナス、パプリカ、オクラを入れて炒め、トマト缶を入れ、ワイン、ブイヨンを入れる。
  4. パスタを茹でる。
  5. 3に茹で上がったパスタをいれ絡める。

ゴーヤと豚肉の旨塩炒め

今や夏野菜の定番といったらゴーヤ。ゴーヤと豚肉は相性が良い上にビタミンが豊富なので疲労回復にも役立ってくれます。低カロリーなのにスタミナもバッチリです。

★材料

  • ゴーヤ・・・1本
  • 豚ばら肉・・・150g
  • 鶏がらスープの素・・・大さじ1
  • にんにく・・・1かけ
  • 鷹の爪・・・少々
  • 塩・こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・少々

★作り方

  1. ゴーヤを縦に切り、種とわたを取り除いてスライスする。
  2. 熱したフライパンに油をいれ、みじん切りしたにんにく、鷹の爪を入れて油に香りを移す。
  3. 豚肉を入れて炒める。火が通ったらゴーヤを入れて更に炒める。
  4. 鶏がらスープを入れて塩こしょうで味を整えて出来上がり。

うなぎのスタミナサラダ

説明不要だというくらい、うなぎは疲労回復、夏バテには最適な食材です。ビタミンA、B、C、Dなどのいろんなビタミンが豊富でミネラルなどの体に大切な栄養素がたっぷり。その上低カロリーなので女性にはかなり嬉しい食べ物なのです。

★材料

  • うなぎ・・・1枚
  • ベビーリーフ・・・30g
  • 黄パプリカ・・・10g
  • プチトマト・・・6個
  • わさびドレッシング・・・適量

★作り方

  1. パプリカを薄く細切りにします。プチトマトは半分に切っておく。
  2. 器にベビーリーフを乗せ、野菜とうなぎを盛り付ける。
  3. わさびドレッシングをかけて完成。

色の濃い野菜や豚肉がオススメ!

野菜は色の濃いものにビタミンが豊富と言われています。紫色の野菜は野菜では珍しいポリフェノールが含まれていますので、ナスや紫キャベツは積極的に摂取したいですね。また、お肉は断然豚肉がオススメです。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれる作用もあるようなので、糖分を摂りすぎてしまったときにもオススメです。胚芽米や玄米にもビタミンB1が豊富に含まれているので、ご飯を食べるときはなるべく胚芽米や玄米にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする